上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
」というのは、けっこう使われる言葉ですが、
実際はどのようなものなのでしょうか。

たとえば、物からは感じられません。

だから、命、がかかわっているということは、なんとなく
わかります。

今の時代、仕事でもプライベートでも、初対面の人と最初に
やりとりするのが、メール、というケースがあります。

何回かやりとりして、だいたいその人との、人となりが
わかったようなつもりで、いざ会ってみると、
自分が創造していた人と、違う、なんていうことはないですか?

その人のもっている「」というのは、実際に会ってみないと
直接は感じられないものだから、かな、と思います。

瑞穂さんによると、「」は自我が発電する電で、人により
強さが違うそうです。

「自我」発電所から発せられる電流は、体内を廻って、
各器官を動かしながら、身体の孔から外へも出て行きます。
体内電流が強いと、腸の活動も各器官の活動も活発ですから、
肉体は健康です。
体内電流が強ければ、外へ出る、も強い勢いで出て行きますし、
静かな電流なら、、の出方も静かです。




「気」は強ければ、身体を健康に保つ役割を果たし、
活発的に活動をするので、魅力的な人に感じられます。

ただ、この「気」を発散することなく、体内で固まらせてしまうと、
別の生命「」を発生させる、ということを忠告しています。




ところが、折角大きな電流を持ちながら、
気、を外に出し切らなかったことで、
思いもよらない、恐ろしい結果を招くことがあります。
気、は電気、命ですから、外に発散させない気、が
体内にもうひとつ新しい命を誕生させる…
つまりの誕生です。

この問題は、自我の強い人に起きる可能性が高いでしょう。
「自我」が強い人は、大きな電流の流れの中の
生活をしていますが、その電流が、外へ出るよりも、
内側に多く向った場合、体内は過電流になり、
気、が固まることになります。



では、どうしたらよいんか、ということは・・・

みすぐりの教えVol.2」朗読CDの中で詳しく語られています。

ご興味のおありの方はぜひお手にとってみてください。



スポンサーサイト
2009.10.19 Mon l みすぐりの教えVol.2 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。