上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「みすぐりの教え Vol.1」
を聴いて下さった方から感想をいただきました。

50代後半の女性の方。
毎日習い事で忙しく、充実した生活を送られているそうです。


「みすぐりの教え」を聴いて。

旦那様に感謝をすることを忘れている自分、に気づかれたそうです。

自分がどんなに高慢な態度で、旦那様に接していたかと気づかされ、呆然とした。

そして、そのことに気づいたおかげで、心がとても清らかになり、すがすがしい気分でいっぱいになりました。

自分の中にそういう高慢な気持ちが芽生えた時、自戒のために、また何度も聴かせていただきます、とのことでした。



そんな言葉をお聞きして、私も少し感動しました。

自分の心、というのは、なんでもかんでも受け入れるという風にはできていないと思うのです。
当然自分を守る、防衛本能が働きますから。
わけのわからないものに、侵されてはたまりません。

その壁の厚さは人によって、薄い厚い、色々だと思いますが、それを通してでも外の世界と交流しようという気持ちのある人に出会うと、私はちょっと感動してしまいます。
世の中、自分だけで閉じこもっている人がたくさんいるので。。。


瑞穂さんの言葉と音声は、そんな壁を越え、その人の内側に直接働きかける不思議な力を持っています。

この女性がとても素直な心根の方ということもあるのでしょうが、
普通なら、

だって、私は毎日忙しいし、ご飯の支度はちゃんとしているし、やることはちゃんとやっているんだから、感謝してほしいのは、私の方よ!

なんて、反発を抱くのもあり、なわけです。

でも、そうしたら、そこで、全部おしまい。
その人の人生には、なんの進展もありません。


人生は一度だけ。

より深く、より善く、生きたいという、貪欲な方すべてに、「みすぐりの教え」をお勧めします。








スポンサーサイト
2009.09.06 Sun l 「みすぐりの教え」感想 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。