上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アダルトチルドレン、という言葉がブレイクしてから、
もうかれこれ、20年近く経つでしょうか。

大人になりきれない子ども、という意味ではなく、
家庭に何らかの問題があって、大人になってもトラウマを
かかえている人、という意味。。。

しかも身体的な虐待より、表面的にはわかりにくい部分・・・、
親の愛ということを隠れ蓑に結果としてそれが精神的虐待
だった!、ということに気づかされ
自分自身を見つめなおした、という人を何人か知っています。
そしてその人たちが、今度は自分が親となり、
親としてのあり方を悩んでいたりします。


みすぐりの教え」Vol.3の2章は、

優しさは恐る恐る出しなさい --情けは人の為ならず --

です。


理想の結婚相手に求める要素で、「優しい人」は、男女ともに
常にトップ5にランクインします。

だから、優しくされてうれしくない人はいないし、
優しくしてあげるということは、よいことをしていることになる、
と、誰もが思ってしまいがちです。

でも、瑞穂さんは、ちょっとお待ちなさいと、ストップをかけます。

「優しさ」というのは、上から下へ流れる水なのよ、と説きます。

しかも心に自然発生して溜まるので、トイレへ行くように
外に出したくて出すものだそうです。

上から下、なので、親が子に向かって出すケースが一番わかりやすい
でしょうか。

「あなたのためを思って、私はこんなに優しくしてあげてるのよ」

このセリフには

「それなのにあなたは、私の言うこと聞かないで!」

という文句が続きそうですね

見返りを求める → 情
見返りを求めない → 愛


と、覚えておきましょう。
そしたら、親が今どちらのモードであなたに言葉を言っているのか
わかると思います。

以下、「みすぐりの教えVol.3」より

情の心は相手が自分より弱者であることで、満足するのです。
「もう、本当に手がかかるんだから、私が居なかったらどうなってしまうのか」
嘆きながら、決して子どもの心を独立させない親がいます。

最近いくつも発生している事件、静かな性格だった筈の犯人が突然起す、
凶暴な殺人の幾つかは、親の毒入り水が原因ではないかと、
密かに感じています。

親が愛を知らなければ、子どもの心に愛の感じ方が伝わる術もなく、
愛の教育を受けられなかった子どもの心は、優しくされているのに、
淋しくて、不安で希望も自信も持てません。

しかし、愛の代わりに情をかけられているためとは、決して気付きませんから、
自分のだらしなさを責め、世間を責め、恨み、心は途方に暮れてしまいます。

こんな悲惨で気の毒な育ち方の子どもが、これ以上増えないことを祈りましょう。
親は、必ず愛の心の人であって欲しいものです。



みすぐりの教え」シリーズは、心について色々な視点からみつめられるように
構成されているので、Vol.1から順番に聞いていただくのが一番のオススメ
なのですが、自分の現状の改善に直接つながる項から聞いてくださるのも
もちろん、OKです。

このVol.3は、これまでのものと比べて、少し売れ足が早いです

少しでも誰かの助けになることを願って、作成されたCDです。

気になられた方は、ぜひお手に取ってみてくださいませ。


サウンドフォルテ販売サイト

瑞穂 み すぐり オフィシャルサイト(CDの紹介&性格診断ができます)





スポンサーサイト
2009.11.15 Sun l みすぐりの教えVol.3 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。